呉服屋・骨董店

呉服屋・骨董店

着物の販売と言えばやっぱり呉服屋さん。着物の専門店ですね。デパートに入っているような大手老舗の呉服屋では、着物の買取は行っていませんが、街中の個人経営の呉服屋の中には、着物を買い取ってくれるところもあります。
同じように、街中の個人経営の骨董店であっても着物を買い取ってくれることでしょう。リサイクルショップよりも、着物に詳しい業者なので、安心感もありますが、不安点も多少あります。

 

個人経営の呉服屋、骨董店では、買取金額はその店の店主が決めます。店主が気に入ったものであれば、高値がつきますし、反対に気に入らないものであれば、相場以下の安値を付けられてしまうことがあるということです。
自分自身に着物の詳しい知識があれば、店側との売買交渉も出来ますが、知識がない素人の場合は、買い叩かれてしまうことでしょう。買い叩かれたことが後から判明したら、かなり悔しいでしょうね。そうならないためにも、素人であるならば、呉服屋や骨董店に着物を買い取ってもらうことは止めておきましょう。

 

また、これらの業者では、アンティーク着物しか取り扱わない場合もあります。アンティークではない現代の着物は、買い取ってくれないか、かなりの低い値で買い取られるということを覚えておいてください。