リサイクルショップ

リサイクルショップ

大切に着てくれるような人が、身近にいる場合は無償で譲ってあげたり、安く買い取ってもらったりすることが出来ます。
しかし、そうそう上手くいかないのが世の中です。そうなるとどこかの業者に着物を買い取ってもらうことが、大切な着物をタンスの肥やしから解放し、生かすこととなります。買取業者と聞いて真っ先に思いつくのが「リサイクルショップ」ではありませんか?

 

最近では街中にたくさんのリサイクルショップがあります。大手で全国展開しているリサイクルショップもかなり増えましたね。日本人のリサイクル意識の高さが垣間見えます。大手のリサイクルショップであれば、いろんなものを買い取ってくれます。本やマンガ、雑貨や洋服など、その買取の種類はたくさんあります。
もちろん、着物も買い取ってくれます。

 

しかし、ここで一つ注意が必要です。多くの品を扱うリサイクルショップの店員は、着物のプロではありません。ブランドがはっきりしている洋服や雑貨ならば、ショップの買取価格設定に基づいて、的確な買取金額を提示することが出来ますが、着物に関しては全く価格設定がありません。どんなに丁寧に作られた美しい着物であっても、リサイクルショップ側からしたらただの古着ということになってしまうのです。

 

着古してくたびれた着物であれば、リサイクルショップに買い取ってもらっても良いかもしれませんが、価値のある着物を買い取ってもらうにはリサイクルショップは適しているとは言えません。